FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://aquatica.blog1.fc2.com/tb.php/59-940ef877

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

メールの移行 (ShurikenPro3→Thunderbird)

会社で使用しているメーラもThunderbirdにすることしました。ShurikenPro3からの移行です。
自宅のメーラは古いメールデータは前に使っていたメーラを使って確認すれば良いや(笑)って、思っていたのでデータの以降は殆どしていなかったのですが、仕事のメールとなるとそうもいきません。ので、ShurikenPro3からThunderbirdへのメールデータの移行方法を調べてみました。
実は、以前にも同じように調べてやり方が解って、比較的簡単だったので「いつかやろう」と思っていたのですが…、実際始めてみると、その方法を忘れてしまっていて…webで調べてみたけれど、上手く見つけられずに困っていました。
なので、幾つかのキーワードを元にして…試してみましたので、その報告です。

1.移行したいローカルフォルダを選択します(全てのメールをまとめて…って訳には行きません。フォルダごとに処理が必要です)
2.shurikenPro3の「フォルダ」メニューから「エクスポート」を選択し「」ダイアログを開きます。
3.保存先のフォルダとファイル名は何でも良いのですが、手間を惜しんで…いきなりフォルダはThunderBirdのローカルフォルダ「LocalFolders」を選択して、ファイル名は、例えば「取引先」とか「家族」とかを指定します。
4.「データの形式」で「MailBox形式」を選択します(←mbox形式と呼ばれているもののようです)
5.「実行」します。メールの件数にもよりますが、かなり多くの時間が掛かります(^-^;(←僕の環境で、一つのフォルダの1000件程度で、10分くらい掛かりました。そのフォルダが、あと数十個…(T-T))
6.終わったら、Thunderbirdを立ち上げて「ローカルフォルダ」を開いてみると、あら不思議(^-^)ちゃんと移行されていますね(初めて開いたフォルダはステータスバーに少しの間「要約ファイル作成中」などと表示されて表示まで時間が掛かるかもしれません。)
7.フォルダの階層が深い場合には、Thunderbirdに認識されたファイルと同じ名前のフォルダ*.sbdが勝手に作成されていますので、そのフォルダの下に保存すればよろしいかと。
8.全てのメールを一括で、と言うわけには行きませんが…フォルダごとの移行は、添付ファイルを含めてこれで上手くいきました。

以上です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://aquatica.blog1.fc2.com/tb.php/59-940ef877

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

気になること

ほっとけない 世界のまずしさ

ブログ内検索

アバウトミー

広告

Google

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。